ゴールデンウィークの初日、大宮の鉄道博物館へ行ってきました。大宮からニューシャトルという新交通で1駅で到着できます。大半がてっぱく目当てのお客様。

こんな電車で大宮から1駅で到着します。新幹線の横にくっついて走るので、この先へ乗車すれば新幹線と並走したりする場面もあります。博物館の入口はsuicaで入館情報を券売機で書き込んでから自動改札で入ります。suicaグリーン券みたいな感じの買い方でした。入場記念カードが置いてあったので、裏に入館日スタンプを押せばお土産になるのでは!下の写真は2階からとりました。展示ホールをほぼ一覧できる写真が撮れます。2階の横にはヘッドマークや国鉄時代の看板なども。

たくさんの親子連れでかなり混み合っていましたが、午前中に行ったのでまだ余裕がある感じでした。11時ごろはカフェなども席に余裕がある感じです。午後になるとかなり混雑してきています。いろいろ改装していて、模型コーナーなどはリニューアル中で見学できませんでしたが、中のカフェテリアで食事ができたり、お土産コーナーも子供向きなものが沢山あったり、キッズコーナーがいろいろあったりとお子様にも楽しめる内容になっています。いろいろな体験コーナーもありますが、整理券などは朝一でとらないと終了になっているようでした。ミニ電車も運行しています。また時間によって転車台が動くようです。真ん中のSL C57が回転する光景が見られます。

昔の電車などがそのままレールに乗って展示してあるので迫力満点。もちろん中に入ることができます。外にある車両は中でお弁当を広げている親子連れもたくさんいました。こちらも一部工事中になっていましたが、十分に座席はありました。レストラン2か所の他、各休憩車両の近くに駅弁屋さんがありますので食事は問題ないかなと。キッズコーナーにも売店がありました。ゴールデンウィーク明けに一部レストランがリニューアルのため閉店しますが、夏に再オープンだとか。リニューアルしたてっぱくのままきっずツアーも鋭意企画中ですのでよろしくお願いいたします。

投稿者プロフィール

佐々木 一匡
佐々木 一匡飛行機・鉄道旅行のスペシャリスト
神奈川県西部の営業担当しています。範囲は国内から海外まで、個人旅行の手配から団体までお任せください。